新築の家でおすすめの鍵

せっかく新築の家を建てるのなら、防犯性にも気を配りたいもの。
一見同じように見える玄関扉の鍵ですが、実は鍵にはいくつかの種類があることをご存知ですか?
防犯性能の高低にもかなりの差がありますので、鍵の特徴を知り、防犯性の高いものを選ぶようにしましょう。

錠前にも防犯性の高低がある

玄関扉に最も多く使用されているのは、シリンダー錠という錠です。
錠とは、扉をロックする機構そのもののことで、これと、この錠を動かすための鍵(キー)とがセットになって錠前と呼ばれます。

鍵の防犯性というと、錠の防犯性を指すことが多い

一般に、錠の防犯性の高さが鍵の防犯性の高さと言えます。
防犯性の高い鍵を求めるなら、まずは錠部分の防犯性が高いものを選びます。
防犯性の高い錠とは、針金状のもので不正に開けるピッキングなどに耐性のあるもの、ということになります。

錠の防犯性能はシリンダーと錠ケースの性能

錠の防犯性能は、シリンダー部分と錠ケースの部分の防犯性能の2つを指します。
シリンダーは円筒部分のことで、ここでの防犯性能は、耐ピッキング性能と耐鍵穴壊しの性能です。
この2つの性能については、シリンダーの出荷時にその性能を表示することが義務付けられており、

の3段階の表示が付されています。

錠ケースは錠の機構を格納している箱状の部分のことで、この性能についても法律で表示が義務付けられています。こちらは、耐サムターン回し性能、耐カム送り解錠性能、耐こじ破り性能の3つの性能についてで、

の2段階で表示されています。

ディスクシリンダー錠はピッキングに弱い

数年前に、ピッキング被害が多く報告され問題になりました。
この被害に遭ったのが、ディスクシリンダー錠です。
ディスクシリンダー錠はディスクタンブラーというタンブラー(障害)を使用したシリンダー錠で、ピッキングに非常に弱い錠です。
しかし、この錠の普及率は非常に高く、今でも多くの家屋で使用されています。
新築の家で鍵を選ぶなら、このディスクシリンダー錠は避けましょう。

シリンダー錠でも、ピンシリンダー錠はピッキングに強い

ピンシリンダー錠はピンタンブラーというピン状のタンブラーを用いたシリンダー錠です。
防犯性の高いディンプルシリンダーの多くは構造がピンシリンダーと同じで、ピンの本数が多いため、防犯性が高くなっています。
防犯性の高い錠なら、このディンプルシリンダーやアンチピッキングピンを使用したピンシリンダーがおすすめです。
最近生産されたピンシリンダーには、アンチピッキングピンが用いられているものが増えています。

鍵(キー)自体の防犯性

鍵の防犯性は、簡単に複製できるかどうか、という一事に尽きます。
複製キーをすぐに作れるような鍵は、防犯性が高いとは言えません。

元鍵がなくても複製できる場合も

鍵にキーナンバーが刻印されているものは、元鍵がなくてもそのナンバーから複製を作ることができます。

おすすめは複製しづらい鍵

ディンプルキーやウェーブキーは、合鍵ショップなどでは簡単に複製を作ることができません。
ディンプルキーとは、側面をギザギザに切った従来の鍵とは異なり、正面にくぼみをつけたもので、ピッキングに強い鍵です。ディンプルシリンダー錠の鍵として用いられています。
ウェーブキーは車のキーにも用いられている、正面に彫刻のように波型の細工の施された鍵です。
このどちらも、従来のギザギザの鍵のように簡単に複製を作ることはできないので、防犯性を考えるのなら、これらを選ぶと良いでしょう。

まとめ

以上をまとめると、一般の家庭ならディンプルシリンダー錠やアンチピッキングピンを用いたシリンダー錠がおすすめ、ということになります。
せっかく鍵を防犯性の高いものにしても、ゴミ捨てなど僅かな時間家を空ける場合に施錠をしない人もいます。
こうしたちょっとの留守が実は危険です。
家を空ける時は、必ず施錠するようにしましょう。