窓の鍵の防犯対策

空き巣の手口で一番多いのは窓からの侵入です。
理由のひとつは、玄関扉に比べ、窓に対する防犯意識が低いこと。玄関はきちんと施錠して出かける人が多いですが、窓の施錠し忘れは意外と多いのです。
また、道路に面していることの多い玄関に比べ、公道から死角になっていることが多い窓は作業をしていても人目につきにくいということもあげられます。

窓からの侵入を防ぐために、鍵に工夫を

ピッキングなど、玄関の鍵を不正開錠したり破ったりすることに対策を行っても、窓の鍵はノーマークであることが多いですよね。
ガラスを防犯ガラスに交換しようとすればお金がかかるし、窓の防犯対策に迷われる方は多いのではないでしょうか。
しかし、ガラスにシートを一枚貼るだけなら手軽です。
自分でもできる窓の鍵の防犯対策についてご紹介しましょう。

クレセント自体を強化しよう

ガラス窓の鍵は、一般的にはクレセント錠であることが多く、空き巣のガラス破りの多くは鍵の近くに穴を開け、手を入れてクレセント錠を開錠します。
空き巣が窓ガラス全体を割って屋内に侵入することは稀ですので、クレセントが動かないようにするだけで随分違います。

そこで、このクレセント錠自体を防犯性能の高いものと交換するという方法があります。
ダイヤル錠つきクレセントなら、錠を解除しないとクレセントを下ろすことができません。
ガラスを破り、外から手を入れても、クレセントを動かすことができないので泥棒もあきらめます。
空き巣対策は、家屋への侵入に時間がかかるようにすることが肝心です。
鍵自体の交換の他に、鍵まわりの工夫も効果的です。

クレセントまわりを強化しよう

ガラス破りの侵入に対抗するためには、クレセント錠のまわりに防犯シートを貼るのもひとつのテです。
防犯シートはガラスを破りにくくし、クレセントまでの到達に時間がかかります。
窓全体にシートを貼るのは難しいですが、さまざまなサイズが販売されているシートであれば素人でもきれいに貼ることができます。
クレセント錠を挟んで両側のガラスにシートを貼り、防犯性を高めましょう。

補助錠をつけよう

補助錠を使う場合は、既についているクレセント錠の他にいくつかの鍵を窓に取り付けます。この鍵は固定である必要はありません。必要な時にだけ鍵をつけられるネジ式のものが、値段も手ごろで気軽に取り付けられると思われます。
また、裏がシールになっており、ガラスに貼り付け、施錠時に板を起こすタイプのものもあります。
これら補助錠は、見た目だけで言えば華奢で、あまり防犯性が高くないように思われますが、先にも述べたように、空き巣は侵入に時間をかけることを避けます。ガラスを破ってクレセントを動かしても、さらに補助錠がついていた場合は、多くは侵入をあきらめるでしょう。
補助錠を外すための穴をさらにあけることはほとんどないと思われます。
補助錠は、窓の下部や上部、あるいはその両方に取り付けます。

こうした鍵まわりに気を配る他に、空き巣の足掛かりになるような荷物や脚立などを置かない、窓のまわりに死角を作らない、といった周囲の環境への配慮も大切です。
集合住宅の高階層では、窓を開けたままの人も多いですが、実はこれも危険です。
夜間や外出時、窓はきちんと閉め、施錠しましょう。

まとめ

窓ガラスは防犯性能を保障されたもの以外は簡単に割ることができます。
空き巣は音を立てずに部分的にガラスを割る方法を知っていますから、ガラスを割ったとしても近所には気づいてもらえないでしょう。
空き巣のガラス破りを防ぐ、また、ガラスを割られたとしても鍵を動かせないようにすることで、空き巣の侵入を阻むことができます。
手軽にできる防犯対策を実践してみてはいかがですか?