金庫の鍵の種類

金庫の鍵というと、一般的に思い浮かべるのはダイヤルロック式のものではないでしょうか。ダイヤルロックは、テレビドラマなどでもお馴染の、昔から使用されてきた伝統的なロック方法です。 しかし、現在は、金庫の鍵にもさまざまな種類があり、より防犯性が高くなっています。 日常的に使う人の好みや目的に合わせて、鍵のタイプを選びましょう。

ダイヤルロックと併用の二重鍵タイプ

ダイヤル式の金庫は、ダイヤルロックとシリンダー錠の2重鍵のものが一般的です。ダイヤルを回し、ダイヤルロックを解除してから鍵を差し込むと、シリンダー錠が開錠できるようになっています。
また、ダイヤルロックとカードキーを組み合わせたものなど、ダイヤル式の金庫にもさまざまなバリエーションがあります。
ダイヤル式の金庫は暗証番号がわかっているのに開け方がわからないトラブルが多く、ダイヤルを固定してシリンダー錠だけの方を利用している場合が散見されます。何かのはずみでダイヤルが動いてしまうと金庫が開けられなくなることもありますので、暗証番号をきちんと管理し、日頃からダイヤルロックを用いるようにしましょう。

テンキー式

テンキーとは、0~9までの数字を押して暗証番号を入力し、開錠する電子ロックです。鍵を失くす心配がないので、鍵自体の管理に気をつかう必要がありません。
気をつけたいのは、特定のボタンだけを長期にわたり押しつづけると表面に光沢が出て、どのボタンを使用しているかが一目瞭然になることです。テンキー式の鍵を採用する場合は、暗証番号を定期的に変え、ボタンをまんべんなく押すようにしましょう。
最近ではテンキーのパネルにも工夫が加えられ、従来のボタンのように凹凸のないフラットな操作面のものもありますので、こちらを選ぶのも良いと思います。

電磁ロック式

電磁ロック式とは、磁気を利用した特殊なマグネットの鍵で開錠するものです。番号を合わせる必要はなく、マグネットのキーを当てるだけで開錠できます。
電磁ロックに用いる鍵は特殊なものなので複製することが難しく、不正な手段での開錠が困難なことと併せて防犯性能に優れているといえます。

指紋認証式

登録した指紋と照合することで開錠するタイプの鍵です。
暗証番号や鍵の管理をする必要がなく、また、1人の人間しか開けることができないのも特徴です。
このタイプの鍵では、指紋がはっきりと確認できないと認証されませんので、開錠時は手をきれいにしておきましょう。また、何らかの理由で指紋が擦り切れた場合も開けることができません。
指紋認証式とシリンダー錠を合わせたものもありますので、金庫を利用するシチュエーションに合わせてタイプを選択すると良いかと思います。

ICタグ式

最近使用されるようになったばかりのものにICタグタイプの鍵があります。
国際基準のICチップが使用されている電子マネーや、携帯電話を鍵にすることができる新しいものです。
PASMOやsuica、Edyなど、普段利用しているICカードがそのまま鍵として利用できるので、金庫の鍵を管理する必要はありません。
これらのICカードや携帯電話を鍵にかざして開錠します。
補助として、テンキーのついたものもあります。

まとめ

金庫はしっかりと設置し、施錠することで初めて防盗性能を発揮することができます。
二重ロックで、特にシリンダー錠との併用では、シリンダー錠だけを施錠したのでは片手落ちです。シリンダー錠は不正な手段で簡単に開錠することができるものが多く、特に古い金庫であれば尚更容易に開錠することができます。
金庫に取りつけられた鍵にはそれぞれに意味があります。
しっかりと施錠して、金庫の防盗性を最大限活かしましょう。