古い玄関の鍵を新しく交換

家が古くなると色々な個所で経年劣化によるトラブルが発生します。

玄関の鍵も、鍵が回しづらくなるなどの問題が出てきます。鍵の内部が劣化してきて起こりますので、そのような場合は新しいものに交換すると安心です。
使い続けると鍵が開かない、鍵が折れると言ったトラブルに発展する可能性があります。
新しい鍵への交換も、予算やご希望に合わせてご提案いたしますので、当社にご相談ください。

先日は、横浜市青葉区にお住いのお客様の元に伺い、玄関の鍵を新しいものに交換致しました。
お電話では、「玄関の鍵が古くなったためか、鍵が回しづらくなったので新しい鍵に交換して欲しい」というお話でした。
そのようなトラブルの原因が鍵内部の劣化に起因する事をまずご説明しました。

新しい鍵は、近所で空き巣があった事もあり、この機会に防犯性の高い鍵に交換したいとご相談いただきました。
そこで防犯性の高いMIWAのPRシリンダーをおすすめすると、ご予算にも合っていたため、「ぜひお願いします」というお言葉をいただきました。
ご自宅にお伺いし古い鍵を拝見すると、やはり経年劣化が原因でした。症状をご説明した後に交換作業に入り、20分程で終了しました。

新しくなった鍵をご確認いただくと、「こんなに調子がいいなら、早く換えればよかった。防犯性もあるので安心です」と、お喜びいただけました。

鍵穴のメンテナンス

どんなものでも長く使用していれば少しずつ歪みや劣化が生じてしまうものです。
それを放置してしまうと本格的に使用不可能となってしまいますので、早期のメンテナンスが必要ですよね。
ついこの間、当社の受付窓口に届いたご相談もまさにそうした事例でした。

横浜市都筑区にご住居を構えるお客様から「買い物から帰宅して家に入ろうとしたが、玄関の鍵穴に鍵が入らない」というSOSが送られてきたのです。
突然のアクシデントに狼狽しておられるご様子でしたので、ただちにお客様のもとへと参上しました。

お話にあった「鍵が入らない玄関の鍵穴」をチェックしてみますと、シリンダーの中のピンの一部が歪んでしまっている状態でした。詳細をお尋ねしてみると、数日前から鍵がかけづらいとは感じており、買い物に出かける際も無理やり鍵を差し込んで、力を込める形でロックしたとのことでした。恐らくはその時に、鍵穴に過剰な負荷がかかってしまい、不具合が生じてしまったのでしょう。

しかし、まだ大事には至っていませんでしたので、鍵そのものを交換することなく、メンテナンスのみで通常使用が可能な状態に戻すことができました。
ちなみに、このように鍵の動きが悪くなった際は、安易に市販品の油などをさしてはいけません。一時的に動きが復帰するのですが、やがてその油にホコリがこびりつく形となり、鍵穴の状態は更に悪化します。私たちにご連絡ください、すぐに安心価格でお直しします!

戸塚区にてご自宅の玄関の合鍵作成依頼

横浜市戸塚区にお住いのお客様より玄関の合鍵作成依頼のご連絡をいただきました。

お電話はこのご自宅の奥様からでした。
お話を聞いてみると、小学生のお子様がランドセルに合鍵をつけていたのにどこかで落としてしまったとのこと。奥様は仕事中ですぐに家に戻れないので合鍵を作っておいてほしいという事でした。お子様1人で家の外におられているようなのですぐにご自宅へお伺いしました。

お客様のご自宅へ到着するとお子様が玄関でしょんぼりと座って待っておられました。
できるだけ早く開錠したかったので、お子様にも合鍵作成までの流れをわかりやすくお伝えしてすぐに合鍵作成に取り掛かりました。

鍵自体はないので鍵穴から鍵の形状などを確認して合鍵を作製、無事に20分程度で合鍵を作ることができました。
お子様からも「ありがとう」と感謝の言葉をいただきました。嬉しかったです!

今回のようにお子様が玄関の鍵をなくして困っているというケースも時々ですがあります。
そんな時は当社にご連絡ください。
お子様をずっと家の外に待たせておくのは何があるかわからず危険です。
トラブルなどに巻き込まれてしまわぬように、できるだけ迅速にお客様のご自宅へお伺いして合鍵の作製をいたします!