中区で新しい鍵の作製

横浜市の中区にお住いのお客様から、新しい鍵を作製して欲しいとのご要望がありました。
お客様は一人暮らしでお住いなのですが、自宅のマンションは通常の鍵を使用しておられたようです。

その日も仕事が終わってから帰宅されたようなのですが、鍵穴に鍵を入れて回そうとしたところ、鍵がポキッと折れてしまったようでした。

お客様自身はスペアの鍵を持っているようでしたので、すぐにスペアの鍵を差し込もうとしたところ、中に折れてしまった鍵が詰まっている状態だったらしく、スペアの鍵を入れることができない状態になってしまったようです。

このままでは帰宅することができないと考えて、最初は中に入ってしまった鍵を除去しようとしたようですが、それを行うのは難しかったようです。
その後は大家さんに連絡をしたようなのですが、夕方以降は大家さんに連絡することができずに、ご自宅に入ることができなかったようです。

19時頃に連絡をいただき、すぐにお伺いいたしました。

お客様からは新しい鍵の作製と鍵の除去を依頼されましたので、その場で40分ほどで作業させていただき、新しい鍵の作製と鍵の除去を終えました。
急なお知らせでも精一杯作業いたしますので、宜しくお願い致します。

徘徊防止鍵への交換作業

横浜市港南区にお住いのお客様から、自宅に住んでいる父親が徘徊する癖があるので、鍵のことで相談したとのご連絡がありました。

お客様のお住いの自宅には3世帯がお住いでして、自身の妻、自身のお子さん、そして父親がお住いとのことでした。
ですが、そのお父様が認知症を患ってしまっており、徘徊する癖があるとのことでした。

以前より注意したりしていたようなのですが、家族全員が科移出しているときに勝手に外に出てしまうときがあり、警察の厄介になってしまったこともあるようでした。

このままでは近所や警察にも迷惑がかかってしまうと考えられたようでして、私たちにご連絡を頂いたようでした。

お客様のご自宅にお向かいして鍵を確認したところ、サムターン回しの対策が施されていない鍵でしたので、認知症の方がお住いの家庭には相応しくない鍵でした。
ですので、私たちとしてはサムターン回しの対策が施されている家研の両面安心鍵を提案させていただきました。

この両面提案鍵なら、徘徊する癖がある老人の方がいらっしゃる家庭でも、安心して設置して外出することができる鍵です。
お客様にも納得して頂けましたので、すぐに交換作業に取り掛かり、45分で作業完了です。
徘徊してしまうご家族にお悩みの方も、いつでもご相談下さい!

横浜市南区で玄関の引き違い戸の鍵交換依頼

横浜市南区にお住いのお客様より鍵交換依頼のご連絡をいただきました。

お電話はご主人様からでした。詳しいお話を聞いてみると、玄関の引き違い戸の鍵をどこかに落としてしまったとのこと。
合鍵で開けられたのだそうですが、防犯面からも不安なので鍵ごと交換してほしいという事でした。早速、在庫の引き違い戸錠で保有しているものの料金とおおまかな作業工賃などをお伝えしてお客様のもとへ即日お伺いしました。

お客様のご自宅へ到着した後、早速在庫の引き違い戸錠を見てもらいどれにするかを選んでもらいました。お客様が選んだものはピッキングに強いタイプのもので、正式なお見積りをご提出後、すぐに作業へと取り掛かりました。

当社のベテランスタッフは鍵交換の熟練作業員です。
1時間弱で引き違い錠の取り付けが完了しました。
お客様からも凄い早かったとお褒めの言葉をいただいたほどです。

玄関の鍵をなくしてしまった場合は合鍵作成ももちろん可能ですが、防犯面からすると鍵ごと交換してしまった方がベストです。

当社では引き違い戸錠などの在庫も多数ご用意しておりますので、交換をご希望の際はご連絡いただければすぐにお伺いいたします。