鍵の構造

一般に「鍵」と一括りにされていますが、日本において使われる「鍵」という言葉は、鍵本体である「キー」と、鍵の機構部分である「錠」の両方の意味を含みます。
家の鍵を閉める、という使い方をした場合は「錠」を指し、鍵をなくす、という使い方をした場合は「鍵」を指していますね。
この鍵・・・錠前の構造について見てみましょう。

鍵と錠、セットで「錠前」

扉をロックする機構の部分である「錠」と、錠を動かす「鍵」とを合わせて「錠前」と呼びます。
この錠前は、以下のような部分で構成されています。

錠ケース

錠の機構を収める箱の部分。
扉の中に埋め込む彫込型と扉の面に取りつける面付型があります。

サムターン

ドアの内側から鍵をかける時に回すつまみのことです。

ノブ、或はレバーハンドル

把手の役割を果たすもので、これを回すことでラッチボルトの出し入れを行います。

デッドボルト

扉に施錠をするための閂(かんぬき)のことです。
このデッドボルトが突き出て扉にある受け座に食い込んでいるために扉が開かなくなります。
外からは鍵で、内側からはサムターンで操作します。

ラッチボルト

扉が自然に開いたりしないように止めるための仮止めです。
バネの力により常に錠ケースの外に出ており、ドアノブやハンドルを操作すると錠ケースに格納され扉が開くようになります。

フロント(面座)

彫込型錠ケースの扉の厚み部分に出る面で、ラッチボルトやデッドボルトの出入りする穴がある部分のことです。

ストライク(受座)

ラッチボルトとデッドボルトを受ける部分のことです。

施錠時と解錠時のメカニズム

こうした錠の機構の中には、ストッパーとなるタンブラーという部品を持つ、シリンダーという部分があります。
施錠時、タンブラーはシリンダーの中でつっかえ棒の役割をしており、間違った鍵を入れて回そうとしても鍵を回すことはできません。
正しい鍵を差し込むことにより、このタンブラーが格納される、ずれるといった動きが起き、鍵が回るようになります。
鍵の回転に連動して扉を固定していたデッドボルトが錠ケースにしまわれると、扉が開くようになります。

シリンダー錠の構造と防犯性

一般的に用いられるドア錠はほとんどがシリンダー錠です。
シリンダー錠に用いられているシリンダーは、内筒と外筒からなり、この点は一様です。
しかし、用いられているタンブラーの構造により、ディスクタンブラーシリンダーとピンタンブラーシリンダーという2つに大別することができます。
ディスクタンブラーシリンダーは、ストッパーであるタンブラーが板状のもので、ディスクタンブラーシリンダーというものと、ロータリーディスクタンブラーシリンダーがあります。
ピンタンブラーシリンダーは、タンブラーがピンの形をしています。
この仲間には、一般のピンタンブラーシリンダーの他に、ディンプルシリンダーとマグネチックタンブラーシリンダーというものがあります。
ディスクタンブラーシリンダー錠もピンタンブラーシリンダー錠も、鍵を差し込むとタンブラーが動き、鍵が回るようになる点は同様ですが、ピンタンブラーシリンダー錠の中でもディンプルシリンダー錠は、ストッパーとなるピンを上下左右のどこにでも設定することができるので構造が複雑になり、耐ピッキング性能が高く、防犯性に優れていると言われています。

まとめ

一般に「鍵」といわれている錠は、その構造により防犯性に差があります。
錠の防犯性はシリンダーの構造によります。
用いられているタンブラーにより防犯性はかなり異なりますので、錠前の交換を考えている方は、防犯性の高いディンプルシリンダー錠などを選ばれると良いかもしれません。
また、現在マグネチックタンブラーシリンダー錠をご利用の方は、防犯性に問題があり、現在メーカーでの製造や鍵の注文も打ち切られていますので、早めに錠前の交換をすることをおすすめします。