補助錠のメリット

玄関扉や窓に補助錠をつけると防犯上効果があるということを、「何となくは知っている」という方が多いのではないでしょうか。
しかし、補助錠がどのようなものであるか、また、実際にどのようなメリットがあるかはご存知ないかもしれません。
補助錠とはどのようなものなのか、その効果とあわせてご紹介しましょう。

玄関用補助錠、工具のいらないものも

補助錠をつける、と聞いて、「うちは賃貸だからだめだ」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、よりしっかりとしたものを取りつけたいのであれば、業者に入ってもらい取り付け工事が必要になります。
しかし、補助錠は工具を使わずに使用できるものもたくさんあります。

工具の必要ない補助錠の特徴

工具が必要ないものは、簡単に取り付けでき、また取り外しも容易です。
玄関扉の枠を噛ませるように取り付け、鍵を回します。
使用ごとにロック本体を取り外す必要がありますが、本体を扉枠に残すことのできるものもありますので、ロック本体の紛失防止には、ネジで扉枠に取り付けておけるものを選ぶと良いかもしれません。

泥棒は手間を嫌う

補助錠を取り付けると、開錠の手間は倍になります。
速やかに住居に侵入したい泥棒にとって、補助錠の取り付けてある扉は避けるべき対象です。
補助錠を取り付けることで視覚的にも防犯の効果が高まるのです。

取り付ける位置が大切

補助錠は、なるべく高い位置に、本来の鍵がついている場所から離して取り付けます。
高い場所に取りつけるメリットは、ひとつに、死角になりにくいことがあげられます。マンションなどは目隠し板が設置されており、玄関扉の下半分ほどは外から見えにくくなっているのが一般的です。人が屈んで作業していても見えづらいので、泥棒にとってこれは好都合です。
そこで、補助錠を高い位置に付けることで人目につきやすくなり、作業しづらくなります。
また、鍵を破壊して侵入する場合にも、高い位置に取り付けられているほど力を入れにくくなりますので、補助錠は、鍵から離して扉の上の方に付けるのがおすすめです。

窓も侵入口です

空き巣というとピッキングばかりがイメージされますが、窓も立派な侵入口であることを忘れてはいけません。
玄関扉に比べ、窓に対する防犯意識は低いことがわかっています。
集合住宅の高階層に住んでいると、何となく安心して窓を開けっぱなしにしていることもありますが、これは危険です。

窓にも是非補助錠を

窓の補助錠は、窓ガラスの枠とサッシにかかるように取り付けて、ガラス戸が開かないようにするものが一般的です。これは着脱が少し面倒ですが、鍵が破られてもガラス戸が開かないので空き巣のガラス破りに効果があります。
裏面がシールになっており、ガラスに貼り付け、使用する時はプレートを立てるだけというものもあります。
ガラスは割れるものですから、補助錠を付けても効果がないと思われるかもしれませんが、ガラス1枚を完全に割って屋内に侵入する空き巣は稀です。空き巣の多くは、鍵の近くのガラスを割り、クレセントを回して侵入する手口を用いますので、鍵を1つ開けても侵入できないようにするだけで防犯効果があります。
また、窓を少し開けておきたい場合は、窓を開けた状態で補助錠を取り付けます。外出の際はおすすめできませんが、夜間部屋にいる時に窓を開ける際には是非補助錠を使いましょう。 窓に補助錠を取り付ける場合は、窓の下部のサッシ、あるいは窓の上下に取り付けます。

→窓の対策について詳しくはこちらもどうぞ【窓の鍵の防犯対策】

まとめ

補助錠を取り付けるメリットは、鍵を破るのに倍以上の手間が必要になるということです。
家屋への浸入に時間がかかるほど、泥棒は犯行をあきらめます。
鍵がピッキングに強いことはもちろん大切ですが、工具で無理やりこじ開けて侵入する手口も珍しくありません。
鍵を増やすことで手間を増やし、家屋に浸入されるのを防ぎましょう。

→補助錠の設置事例はこちら【集合住宅の玄関に補助錠設置】