便利な電子キーを紹介

昨今は便利な電子キー錠が開発され、用いられるようになりました。
開錠方法もひとつではなく、自分の好みで選ぶことができます。
その便利さと、防犯性能について少し掘り下げて見てみましょう。

開錠方法はさまざま、昨今の電子キー錠

かつては、テンキー方式の電子キーが電子キー錠の主流でした。
暗証番号を押すことで開錠する、鍵のいらない電子錠の走りです。
このテンキータイプの電子キーは現在でも用いられています。さらに、テンキータイプとリモートコントローラー、ICカード全てに対応したオートロック機構もあります。

ICキー錠とは

ICキーとは、鍵にICチップを埋め込んだもので、鍵と錠本体との間で情報のやり取りを行い、照合して開錠する錠前のことです。
その多くは接触する必要はなく、鞄に鍵を入れたままでも開錠することができるものもあります。

普段使っている電子マネーがカギに

ICキー錠は、ICチップの規格さえ合っていれば、どんなものでも構いません。
キーホルダー状の鍵や、自前のICカードやおサイフケータイ機能のある携帯電話など、自分の使いやすいものを鍵にすることができます。
suicaやPASMO、nanacoなど、普段持ち歩いているICカードを鍵にすれば便利ですね。

スマートキーとは

スマートキーという言葉は、車関係で耳にしたことがあるかもしれません。車のドア錠の開閉やエンジンスタート時に鍵を差し込んで回す必要のないキーシステムのことです。
このキーは住宅用にも用いられています。
鍵を身に着けていれば、扉に近づくだけで開錠が行われ、立ち止まって鍵を出して・・・という煩わしさがありません。
スマートキーは、扉の内外にアンテナを設置し、キーを持ってアンテナに近づくと開錠し、アンテナから離れると施錠するというオートロックシステムです。
キーを携帯した状態でアンテナのボタンを押すことでも施錠することができます。
スマートキーの鍵違い数は約2万6千通りあります。IDの暗号化も高度な技術でなされていますので、複製することは非常に困難です。
スマートキーの作動については、アンテナに近づくことで開錠する場合は、アンテナからの距離約40~80cmで開錠します。また、リモートコントロールでは、キーのボタンを押すことで離れた場所から作動します。
キーの電池がない場合は、キーをアンテナにかざすことで開錠します。

電子錠の防犯性

電子錠はオートロックですので、鍵のかけ忘れの心配がありません。
在宅時に施錠しない人は多いですが、防犯性を考えると例え家の中に人がいたとしても施錠する方が安心です。
オートロックであれば、わざわざ施錠しなくても扉が閉まると自然に鍵がかかりますので、夜間の戸締りなども気を配る必要がありません。
また、テンキーの部分を日常使いにする場合は鍵を持ち歩く必要がないので、鍵を紛失する心配がありません。お子さんや年配の方など、鍵の紛失が心配な場合におすすめです。
電子錠はピッキングなどの不正開錠にも強い錠前です。鍵穴がないのでピッキングは不可能ですし、暗証番号を入力して操作しようとしても、間違った番号の入力を繰り返すと操作ができなくなる機能のついたものなど、防犯性は一般のシリンダー錠よりも格段上です。

まとめ

両手に荷物を持って帰宅した時に、鞄の中の鍵を取り出す動作にため息をつくこともありますよね。
電子錠の良いところは、鍵を差し込み回すという動作が必要ないところです。
また、防犯の面から見ても非常に優れています。
在宅時も、外出時も、鍵をかけ忘れた気がして確かめに行く・・そんな必要はありません。
電子キー錠はさまざまなメーカーから販売されていますので、ご自分に合ったものを選び活用しましょう。